学校経営方針

(1)学校教育目標

「自らの無限の可能性を信じ、たくましく(学び)生きる」

  • 健やかな身体を育み、思いやりのある心の育成
  • 働くことを学び、自立しようとする意欲の育成
  • 豊かな感性を育み、社会生活を送る資質の育成

(2)学校目標を達成するための基本方針

①生徒一人一人の人権を尊重し、生徒の特性等に配慮した専門的な教育を推進する。

②スポーツ教育を主軸とした教育をとおし、健やかな体と心を育む。

③生徒の進学・就労に必要な資質・能力を最大限引き出し、地域社会で自立した生活を送る意欲・態度を養う。

④健康で豊かな人間性を育み、潤いのある社会生活を送るための知識・技能・態度を育成する。

(3)学校教育目標を達成するための経営方針

①生徒の自己実現を目指し、教職員と保護者が密接に連携した学校づくりを推進する。

②生徒の教育的ニーズを的確に把握し指導するため、組織的な学校運営を推進する。

③地域資源を活用した教育活動や生徒間の交流及び共同学習を推進する。

④行政、福祉及び医療等各関係機関と連携し、効果的な運営と指導の充実を図る。

⑤特別支援教育の専門性を高め、保護者及び地域から信頼される学校づくりを推進する。

⑥知的障がい者スポーツ教育の先駆的役割を果たすために、計画的・実践的な指導を推進する。

(4)学校教育目標を達成するための指導の重点

①生徒の能力・特性に応じ、教育課程の編成・実施・評価及び改善に努める

②生徒の学習及び生活上の困難さを支える指導の充実に努める。

③自ら学び、行動しようとする意欲を培い、生きる力の基礎となる学習指導の充実に努める。

④生徒の課題に応じた実践的生活スキルや社会性を高める寄宿舎教育の充実に努める。

(5)初年度の重点課題

「学校を創造する誇りと喜びを持ち、すべては生徒のために邁進する」

資料請求はこちら

【 挑戦!オホーツクの大地で獅子吼する! 】
 
日本体育大学附属高等支援学校は、地域との関わりを大切にする開かれた学校づくりを目指します!!